疫学研究で
明るい未来へ

Kyushu-HOPESプロジェクトでは
生活習慣病予防を目指した
大規模疫学研究を行っています

本プロジェクトの概要

地図

Kyushu-HOPESプロジェクトでは、二つの大規模疫学研究(KOPS、九州大学福岡コホート研究)を行っております。KOPSでは九州、沖縄の4地域(福岡県粕屋町、八女市星野村、長崎県壱岐市、沖縄県石垣市)の住民約18,000名を対象に心筋梗塞や脳卒中、がんに関する調査を行っております。また、2017年からは福岡市東区の住民を対象とした疫学研究、九州大学福岡コホート研究を九州大学老年医学分野から引き継いで調査を継続しています。

プロジェクト名のKyushu-HOPES(Kyushu University-Healthy Outcomes Promotion Epidemiological Study)には、健康に長生きできることをお手伝いできるような疫学研究を九州から発信したい、という思いを込めています。

KOPS|Kyushu and Okinawa Population Study
九州大学福岡コホート研究

一人ひとりのご協力が明るい未来へつながります

封筒

研究調査に参加してくださっているみなさまへ

生活習慣病予防を目指し全国規模で共同研究を行っており、数年ごとに健康状態に関する郵送調査へのご協力をお願いしています。研究の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

健康調査に関するアンケートについて 全国がん登録情報の利用について 情報公開希望されないかたの申請も可能です。

Research Report

研究レポート

Nutrition Column

栄養学コラム

多施設共同研究への協力

Kyushu and Okinawa Population Study(KOPS)と福岡コホートで合わせて約30000名の方にご協力いただいていますが、日本国内の地域差の影響がない、より精度の高い疫学研究を目指し、J-MICC Study(日本多施設共同コホート研究)に協力しています。

J-MICC Studyは日本国内の疫学研究実施施設が協力し、合計10万人の日本人を対象として20年間の健康追跡調査を行う多施設共同研究で、文部科学省からの支援を受けて行われています。

J-MICC Studyへのデータ提供は個人が特定できないように匿名化や個人情報の一部を削除した形で個人情報保護を行っています。 J-MICC Studyについては ホームページをご参照ください。

Contact

お問い合わせ
当プロジェクトに関してご不明点ございましたら こちらのフォームよりお気軽にご連絡ください。